プロフィール

ともとも

Author:ともとも
第二子が生まれたのをきっかっけにブログを再開しました!
二人の育児・家事がんばるぞ!
(お仕事は只今育児休暇中・・・)

いくつになったの

カレンダー

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

お気に入り商品









楽天

ねぇねとボクちゃんの成長日記
2005年10月生まれの娘・結乃と2010年6月に生まれた息子・瑛真の日々の記録などなど書いていきたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ねぇね、蕁麻疹・・・
助産院から帰ると保育園から電話が・・・
『結乃ちゃんお昼寝中にまぶたがどんどん腫れてきて
すごいお顔になってしまってるので今から病院へ
連れて行きますね。虫刺されか何かに触って腫れたのか?
それともアレルギーなのかちょっとわからないので』と。
保育中にこのような事が起きた時は保育園側で病院へ
連れて行ってくれるらしい。私としては大助かりだった
しばらくしてまた保育園から電話・・・内科へ行ったけど
虫に刺された形跡はないようでまぶたが腫れているから
これから眼科へ行くとの事だった。
病院から戻ってきた結乃を迎えに行ってみるとホントすごい顔!
まるで別人!かわいそうだけど、とっても不細工

家に戻るとおばあちゃんも結乃の顔を見てビックリ!
写メ撮ってパパにメールしちゃいました
それからです。結乃のおへその周りが蚊に刺されたように
なっていました。その時は虫刺されで済ましていました。
夜になると蚊に刺されたような腫れがどんどん体中に広がり
痒くて眠れない結乃。
その腫れの広がりは本当にすごかった・・・全身に蕁麻疹。
痒さに我慢できず寝れず布団を激しく転がっていて
とてもかわいそうでした・・・。
保育園でまぶたが腫れてたのは蕁麻疹が出来始めてたんだと
夜になってわかりました。
その晩は結乃もママもほとんど寝ずに朝を迎えました。

翌朝、朝一で小児科へ行くと診断はやはり蕁麻疹でした。
飲み薬、塗り薬を処方してもらいました。
保育園は3日間休み、蕁麻疹は一週間程で治りました。

スポンサーサイト
イヤイヤ瑛真くんとの闘い☆ ③
6月29日助産院へ
瑛真の体重がやっと3015gになった。
毎日闘ってるから体重の増え方がイマイチ・・・
でも助産師さんいわく元気だったらこれだけ増えていれば
全然問題ないとの事でした。

一ヶ月健診が7月5日にある。
出産した病院では赤ちゃんの体重が一ヵ月後には出産時より
プラス1㎏になっているようにと指導があった。
瑛真が退院する時も病院の先生に言われた。
『少し小さく生まれてますからね。しっかりミルク(母乳)を
飲ませて1㎏増やしてあげ下さいね!数字が全てですから』と
言われた・・・。数字が全て???ただ体重が増えれば良いのか?!
疑問に思いました。
この事を助産師さんに話しました。
『全ての赤ちゃんが1㎏必ず増えるワケがない。
成長はその子そえぞれ!健康だったら一ヶ月で
500~700g増えていれば問題ない。』
そう聞いて安心しました。
病院によって方針はさまざまだから仕方ないのかな・・・。
イヤイヤ瑛真くんとの闘い☆ ②
6月24日に助産院へ行きました。
おっぱいの出は良好!
『こんなに良く出るんだから飲ませないともったいない!
生後二週間の赤ちゃんにお母さんが負けてどする!』と
助産師さんに言われちゃいました。
そうなんです・・・おっぱいが出ないなら諦めが付いてミルクに
してしまのですが、これまた良く出るし結乃の時も完母だったので
どうしても母乳育児にしたくて・・・やはり頑張るしかない!!!
助産師さんの言うとおり生後間もない我が子に負けてはならん!

帰宅後授乳の時間・・・
おっぱいを吸わせるのにのけぞる瑛真の頭を必死に抑える私。
それを激しく抵抗して大泣きする瑛真・・・
こんなのを1~2時間やって空腹なはずなのに
頑として吸わない瑛真。そのうち泣き疲れて寝てしまう・・・。
最終的にはミルクか搾乳したおっぱいを哺乳瓶であげる。
こんなんで本当におっぱいを飲んでくれくれるように
なるのだろうか・・・でも頑張るしかない!

その後、毎日毎回1,2時間、瑛真とおっぱいの闘い・・・。
激しく拒否されるたびにママも涙を流しました。
いったいいつまでこんな状態が続くのだろか・・・
ミルクに切り替えたほうが瑛真も私も楽になれるのかも・・・
毎回悩みながら闘っていました。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。